次男坊ブログ

入院しました報告

入院してきました。手術もしてきました。

4泊5日だけど当初は昨日退院だったので一日延びました。

そのお知らせと感想

 

病名は気胸

気胸(ききょう)とは肺から空気がもれて、胸腔(きょうくう)にたまっている状態をいいます。空気が漏れてたまっても、胸は肋骨があるために風船のように外側に膨らむことはできません。その代わり、肺が空気に押されて小さくなります。つまり、肺から空気がもれて、肺が小さくなった状況が気胸なのです。

自然気胸の基礎知識|東京慈恵会医科大学附属柏病院

早い話が肺の外に空気が漏れてしまう病気。

漏れた空気が肺を圧迫してしまうから、程度にもよるけど結構苦しくなります。

漏れた空気はその後ゆっくり体に吸収されるからほっとけば治るわけ。

↑が今回の気胸のレントゲン写真(発症後3~4日後)

初見じゃわからないと思うので↓のを見てみよう。

赤線のところ比べると一目瞭然だけど、向かって右(左肺)が反対側と比べて、てっぺんが下がってるでしょ?

これが気胸

こうなると苦しい。動いてもすぐ息が上がっちゃうし、なんかすんごい違和感感じるし。体勢変える度に胸の中を何かが動く感覚?こればっかりは経験者じゃないとうまく言語化できない!むずい!

そんでもってほっとけば治るのに手術なんて必要?って思うでしょ?

人にもよりけりなんだけど、問題は再発率。よりけりばっかりですみません。体質ってもんですんで。

wikiにもある通りとにかく再発率が高い。10年くらい前に初めて診てもらった病院では「2回目なる人は3回目以降は100%」とかめちゃざっくりとした事言われたけど見事に当たった。予言者いたわ。

んでその翌年に右肺を手術。

 

 

そう、今回で2回目の手術。

 

 

びっくりでしょ?自分でもそう。

とはいえ、ここ4年の内に左の肺だけで6~7回発症しちゃってるからようやくではあるけど。手術するなら早いとこやっとこ!って感じで今回に至ります。

やっとこ!手術です。

 

いざ入院

事前に会社に有給申請していざ行かん病院へ。限度額認定の申請を忘れずにね。

入院して、レントゲンと採血をサクッと済ましてすぐに手術の説明。

ざっくり言うと、まだ再発しそうな箇所が固まってる部分を取り除いて縫合しますって。

晩飯後はプライムビデオをDLしまくったのでらき☆すたトランスフォーマー鑑賞して就寝。

 

ご飯結構美味しい。

ちなみに翌々日の昼まで絶食。翌日7時以降はOS-1すら飲めなくなる絶飲食状態。 

 独特な味なので受け付けない人も中にはいるらしい。これしか飲めないから飲むっきゃない。

 

さぁ手術

手術後、こっからが地獄の始まり。戦いの時間。

 

術後

f:id:JnnnnnJ:20180518210048j:image

わかりやすく手術後!

 

全身麻酔から醒めて数時間は誤飲を防ぐためなーんにも口にできない。水すら。全身麻酔中は口に挿管されてるから2~3時間口が開きっぱなし。

つまり、口の中がカラッカラ。完全に砂漠。唾も出ない。

そんな状態で数時間?冗談はよしてくれー!!

オマケに両腕に点滴+左胸にドレーン(太めのチューブ)+尿管にも管入ってるから I can't 身動き!この状態で丸24時間以上。キツかった。尻と腰が痛くなろうがお構いなし。時間がすぎるのを待つのみ。

思い出したくない。だけどフラッシュバックする。辛い…つらみしかない。

ほんで痛み止めの点滴の副作用がエグかったぁ!目眩がヤバイし、焦点がまず合わない。視力が2段階下がった感じ、明らかに異常。

うおー辛い思い出しか出でこないぜ!

 

地獄の時間の面倒を見てくれた母と嫁には感謝しかないです。頼れる人がいるってありがてぇ、ありがてぇ。

手術の翌日には管や点滴が取れて、晴れて自由の身!とまではいかないけど寝返りOK おトイレOKな状態に。ご飯も復活(お粥だけど)してハッピー。

 

オマケの1日延長コース

4日目で退院できるもんだと思って着替えて準備してたら、先生がやってきて「レントゲンの結果がよろしくないからできればもう一泊して欲しいなぁ」と勧められたので、結局1日延長して今日退院してきました。

 

 

健康第一

今回のは正直、体質的な問題だから避けれない部分もあるけど、ほんっっっとに健康って大事。健康な身体と健全な心を保つのが生産性を上げる最大のコツだと思いますよ。

当面は安静にしつつ、抜糸が済んだら健康に良さそうな事を習慣化したいと思います。