次男坊ブログ

ダイソーのインクジェット用プラバンを試してみた

手軽にアクセサリーやらキーホルダーやら作れるからハンドメイド初心者にも手を出しやすいプラバン。僕も数年前に大ハマリしてブローチとか作ってました。やってみると簡単に作れるんで良いですよね。プラバン自体100均で売ってるし、他の道具も家にある物で十分なので初期投資が限りなく低い。

そんなハンドメイド野郎の行きつけのダイソーにインクジェットで印刷出来るプラバンがあったので試してみました。プリンターで印刷出来るとその後の量産も楽だし、イラストなんかも簡単に入れられるしで何かと便利。

正直、 作る予定は特にないけどブログの記事で紹介できるんで良しとします。

108円は無駄にしないぜ。

とりあえず使ってみよう

ダイソープラ版

現物がこれ。ダイソーでよく見るおなじみのキュコット。はがきサイズが3枚入りです。

とりあえず今回はテストなので適当に写真を選んで

 

f:id:JnnnnnJ:20170923214320j:plain

実家の猫です。素早さのある写真。印刷しましょう。

 

f:id:JnnnnnJ:20170923214331j:plain

ザラザラした方の面にプリント。印刷した感じは普通。プリンターは背面給紙できるのを使った方がいいと思います。そもそもカートリッジ式は印刷できるの?

オーブンで焼く

f:id:JnnnnnJ:20170923214337j:plain

オーブントースターで焼きます。下の方、めっちゃ汚いのは勘弁。

プラバンの下に敷くアルミホイルはネットで調べると一度クシャクシャにしたのを広げて使うとくっつかくなていいらしいけど、それでもくっつく事がありました。

個人的には初めからくっつかない加工のしてあるヤツ使うのがベスト。

ほんのちょっと投資すればまず失敗しません。スーパーオススメ

 

サラッとはがれる ホイル フライパン用

サラッとはがれる ホイル フライパン用

 

 焼きだすと間もなく、

f:id:JnnnnnJ:20170923214720g:plain

ギューーーーーーーーーー

楽しーーーー!!

f:id:JnnnnnJ:20170923214325j:plain

収縮がひと段落して焦げる前に取り出し、厚めの本で挟んじゃいましょう。

これで冷めると平らになります。

本に直接じゃなくてクッキングペーパーを間に入れるのを忘れずに。凹凸のあるキッチンペーパーだと跡が付くのでご注意。

逆にこの時間で立体的に成型もできます。指輪とか。

 

f:id:JnnnnnJ:20170923214314j:plain

冷めて大体完成。左のが焼き上がり。右が焼く前。

収縮率は商品によって縦横の比率にクセはあるけどおおよそ40%くらいに縮みます。

プラバン全体的にそうだけど、縮むと色が結構濃くなるのが注意点。

黒の部分がだいぶつぶれてますね。何個か試作するか、印刷する前に色味を調整した方がよさそう。ちなみに仕上がりの感触は結構マットな感じ。

使ってみた感想

とりあえず使ってみた感想としては、

  • 複雑な柄とか写真で作れるのでデザインの幅は結構広がる
  • 同じ物を効率よく量産できる
  • 絵が上手くなくても子供にちょっとしたキャラクターグッズ作れそう。(キーホルダーとか)
  • はがきサイズが3枚入りなので失敗しそうなら余分に買っておこう

といった感じでですね。姪っ子たちにキーホルダーを作ってあげるのもアリだと思いました。

大人はイマイチ使い道ないけど、子供たちには案外ウケますからね。

お気に入りのカバンとかに付けてくれると作った甲斐があるってもんです。

 

元手があまりかからないので、とりあえず何か作るのにはマジでプラバンは向いてます。

実際、僕も姪っ子へ初めてプレゼント送るのに使いました。

さぁ、レッツ・ハンドメイド!